髭脱毛で清潔に

レーザー脱毛が痛い理由

レーザー脱毛が痛い理由

レーザー脱毛が痛い理由 髭のレーザー脱毛の痛さの感じ方はひとによって違いがあります。受ける人によりかなり痛く感じたり、逆に麻酔なしでも耐えられるくらいの痛みであったりします。痛いという事は確かです。
施術するとなぜ痛いのか、その理由は、体の中でも髭が濃く太いタイプの毛だからです。全身でも施術をする事はありますが、その中でも別格となります。更に、行う機械にも違いは出て来ます。
レーザー脱毛の仕組みですが、メラニン色素の黒い色に反応するレーザーを使って行います。濃い色の髭はそのパワーが直撃し、更に密集していることもあり、当たる場所すべてをレーザーでパワーを加えるため強い痛みを生じます。
ただし、痛みは施術を繰り返し、薄くなっていくにしたがってその分初日と比べるとかなり楽になります。効果の実感が薄れてしまう事で更にパワーを上げることで痛さが強くなりさらに、色黒の人はメラニンの反応によって色白の人と比べると痛みは強くなります。

髭のレーザー脱毛が痛い時には麻酔が効果的

髭のレーザー脱毛が痛い時には麻酔が効果的 髭のレーザー脱毛は、数回繰り返して施術を受けることで好きなデザインに近づけることが出来ますし朝のお手入れが格段に楽になるというメリットがありますが施術の痛みはサロンに比べるとかなり強めになり、時には痛くて施術が続けられない問うケースもあります。

痛みが強く出る時には麻酔を使うことで、痛いという感覚を軽減することが出来ますので診察の際に痛みに弱いということを伝えておいたり途中で麻酔を使ってもらうことができるかどうかなどを確認しておくと良いでしょう。髭は他の部位に比べると毛が太く量が多いため、強めの出力で施術が行なわれるのが一般的です。

しかし、濃くて太い髭に光が反応するとかなりの痛みが出ますし顔というデリケートな部分ですので痛みが強いのが通常ですので、遠慮せずに痛い時には伝えるのがおすすめです。そのまま我慢して施術を続けると炎症になってしまったりするので注意が必要です。必要に応じて出力も調整してもらいましょう。